全6件

橘みれいの作品一覧

鏡花あやかし秘帖 鹿鳴館の魔女

著者/橘みれい

世紀末・・・・・・それは人とあやかしが交わる、不思議な時間。 普通は「視えない」ものが視える人気作家・泉鏡花と新米編集者・香月真澄の明治あやかし奇談!


鏡花あやかし秘帖 手毬唄が聞こえる

著者/橘みれい

世紀末・・・・・・それは人とあやかしが交わる、不思議な時間。 普通は「視えない」ものが視える人気作家・泉鏡花と新米編集者・香月真澄の明治あやかし奇談!


鏡花あやかし秘帖 聖なる代償

著者/橘みれい

世紀末・・・・・・それは人とあやかしが交わる、不思議な時間。 普通は「視えない」ものが視える人気作家・泉鏡花と新米編集者・香月真澄の明治あやかし奇談!


鏡花あやかし秘帖 夜叉の恋路

著者/橘みれい

その恋は、ひとを鬼にした 明治33年――世紀末の帝都を賑わせている連続猟奇殺人事件。 犠牲者は美少年ばかり、その上死体は毎回「食われている」という……! 代表作『夜叉の恋路』・短編『水晶の夢』に、限定配布された幻の短編『白菊の露』も収録!!


鏡花あやかし秘帖 幽冥の館

著者/橘みれい

強き風の吹く地に、屍の山を築け 「幽霊屋敷」と呼ばれ、怪しい噂の絶えない豪邸を取材に訪れた香月。この桂木家では、60年に一度『女人禁制』の神事が行われるというのだが・・・・・・。


鏡花あやかし秘帖 からくり仕掛けの蝶々

著者/橘みれい

僕の魂を満たしてくれるのは、あのひとが書く物語―― 新米編集者・香月真澄は、身を投げても遺体が上がらないと噂される“妖し沼”を訪れる。それ以来見る、奇怪な夢――。美しい“生き人形”が魅せる芝居に、天才作家・泉鏡花が見出した結末とは!?


1

この電子書籍もオススメ

トップへ戻る